神奈川県議会議員 藤代優也活動日記

神奈川・大和 未来にむかって

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

衆院北海道5区補欠選挙 

菅改造内閣発足後、初の国政選挙となる衆院北海道5区補欠選挙は10月24日投開票され、自民党前職の町村信孝氏が、民主党新人で社民、国民新両党推薦の中前茂之氏ら新人4人を破り、10回目の当選を決められました。
本当におめでとうございます。

今夏に行われた参議院議員選挙に続く、自民党の勝利。
政権交代が行われた、昨夏の衆議院議員選挙は、なんだったのかなぁと私自身も思いますし、市内をまわっていると、日に日に支持者の方々にも言われるようになりました。

昨夏の衆議院議員選挙はなんというか、おばけと戦っているような感じの選挙でした。明確な主張の違いがあるわけでもなく、ただただ「政権交代、政権交代」とだけ言われているだけの選挙で、政治信条や政策は二の次になっていて、なにを訴えればいいのか、世間の方々が本当に関心があることはなんなのか、本当にわかりにくい戦いでした。

そうなった原因は、我々自民党にあったというは、充分理解しております。
自民党の政治では未来が見えにくいと判断され、違った受け皿なら、未来が変わるのではと期待された結果だったと思っています。
しかし政権交代後の現実は、うたわれた選挙公約はほとんど実現されず、出てくるのは古い自民党と同じ政治と金の問題ばかり、諸外国に対する弱気な態度、緊急事態に対する対応の遅さと甘さなどなど。客観的に見て、新しい政権に期待していたことが、ものの見事に裏切られ続けている感じがします。

こうしたことで、やっぱり自民党のほうがよかったのではという考えの方々が多くなり、今回のような結果になったと思います。
しかしこの結果も、決して自民党が良くて支持されたのではなく、民主党ではない受け皿が自民党しかなかっただけだと思っています。もし違う受け皿ができたら、みなさんの期待がそちらに向けられて、第二、第三のおばけが生まれると思っています。

そうならないためにも、若い世代の自民党が、古い自民党や民主党のような過ちをおこさないようにしっかりとしていかなければと思っています。
若造がなにを言っているのだと思われるかもしれませんが、私もこの地元大和から、神奈川県、そしてその先の国に向けて、小さな力かもしれませんが、しっかりとした声をあげていきたいと思っています。

長くなってしまったので、私の大和そして神奈川、日本に対する考えは、次回以降に書かせて頂きます。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2010/10/26 Tue. 10:29    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujishiroyuya.blog33.fc2.com/tb.php/6-241d4c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード