神奈川県議会議員 藤代優也活動日記

神奈川・大和 未来にむかって

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

熊本大震災被災地救援募金を大和駅でおこないました 

神奈川県議会議員
藤代ゆうやです。

20160427藤代県議01

4月27日(水)大和駅北口にて、
自由民主党大和市支部で
「熊本大震災被災地救援募金」
を行いました。

20160427井上市議01
 井上市議

ご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

20160427小倉市議
 小倉市議

全額被災地に届けさせていただきます。

20160427小田市議02
 小田市議
20160427中村市議
 中村市議
20160427小林秘書
スポンサーサイト

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2016/04/30 Sat. 08:59    TB: 0    CM: 0

福岡・熊本視察 

神奈川県議会議員
藤代ゆうやです。

3月28日(月)から3月30日(水)までの3日間、
県政調査で自民党県議団政務調査会のメンバーと
福岡・熊本に行って参りました。
下記の本県施策に参考になる企業を中心に訪問させていただきました。

1.株式会社安川電機(ロボット製造メーカー)
産業用ロボット等メカトロニクス製品の製造を行うメーカーであり、
ACサーボドライブ、インバーター、産業用ロボットの3製品の生産台数では、
世界第1位のシェアを誇る。「さがみロボット産業特区」により、
ロボット産業の集積に向けた取組を進めている本県だが、
先行事例を視察し、今後の施策展開の参考とする。
16安川電機01
16安川電機02
16安川電機03
16安川電機04

2.株式会社西部技研(大学発のベンチャー企業)
九州大学工学部助手が転進して創業した大学発ベンチャー企業である。
主力製品の一つである「有機溶剤(VOC)濃縮ローター」は
有機i溶剤(VOC)無害化処理装置のランニングコストの大幅低減を可能にするものであり、
5割強の世界シェアを有している。
神奈川県産業技術センターと公益財団法人神奈川科学技術アカデミーの統合により
県内企業の支援に向けた新たな施策を検討している本県だが、
先行事例を視察し、今後の施策展開の参考とする。
16西部技研01
16西部技研02

3.博多南駅(車両基地を駅として活用)
山陽新幹線博多総合車両所への回送線を旅客線化して設置した新駅である。
開業当初は閑散としていたが、駅の設置に伴い住宅、マンション、商業施設が集積し、
急速に都市化が進んでいる。
本県でも、長年の懸案となっている寒川町における東海道新幹線新駅の設置、
相模原市におけるリニア中央新幹線駅設置といった課題があり、
駅を核としたまちづくりの先行事例を視察し、今後の施策展開の参考とする。
16博多南駅01
16博多南駅02
16博多南駅03
16博多南駅04

4.株式会社コッコファーム(6次産業化の取組)
地元養鶏農家200軒以上とのネットワークを構築し、
地域の農産物を直売するシステムを構築している。
また、生産者と消費者を結びっける場として、
物産館、レストラン、食品加工施設、イベントホール等の複合施設「たまご庵」を運営している。
本県農業の振興を図るためには、
食品加工、流通販売といった6次産業化の視点は不可欠であり、
6次産業化に成功している先行事例を視察し、今後の施策展開の参考とする。
16コッコファーム01
16コッコファーム02

5.株式会社果実堂(農産物の生産システムの合理化・企業化)
ベビーリーフの大規模有機栽培に取り組んでいる企業であり、
生産量は全国1位(550t)。三井物産、カゴメ、トヨタ自動車等と
資本・業務提携を実施しており、これらの企業から高度な生産ノウハウの提供を受けている。
農業の振興を図る視点として、
高付加価値農産物の生産、生産システムの合理化・企業化といった視点も不可欠であり、
こういった課題への取組に成功している先行事例を視察し、今後の施策展開の参考とする。
16果実堂01
16果実堂02
16果実堂03
16果実堂04

カテゴリ: 日記

[edit]

Posted on 2016/04/08 Fri. 12:17    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード